日本帰ってきて思ったこと。

やっぱり英語環境が少ない。

普段の生活で英語を使う事はほぼほぼない。

京都はこんなに外国人がいるのに。

セブでは英語が生活の一部だった。

こんな環境で英語を学ぶ事は本当に難しい。

特にスピーキング。

グローバル化が進んでいるのにも関わらず、普段生活してる中で日本では英語は必要ない。

フィリピン人同士でも英語で会話しているセブ。

本当に良い環境で英語を学べたんだなっと実感した。

とある店で外国人が日本人スタッフに英語で注文をしてる場面があった。

日本人スタッフは英語を話せないみたいで、身振り手振りで対応していた。

何とか乗り越えたみたいだけど、恐らく全て伝わってはいないだろう。

そして、時間がかかり過ぎる。

外国人がこんなにも多くなっているのに、メニューは英語表記ではあるが、

スタッフの英語力向上にも力を入れるべきだと改めて感じた。

グローバル化。

遠い未来では無い話。

僕もまた留学しようかな!笑

I returned to Japan and I thought that it doesnt have a very good “English environment”.

For living a life in Japan, there is no need to speak English even though Kyoto has a lot of foreigners.

English is part of life in Cebu.

I guess learning English is so difficult in a Japanese setting especially in maintaining or improving one’s speaking skills.

The world is being globalized,but we don’t use English much in Japan. Filipinos communicate in English with each other.

I really felt that I learned English in a very good environment.

I encountered a situation in which a foreigner is talking to a Japanese staff in English in a restaurant.

But The staff maybe couldn’t speak English.

She used some gestures and body language and she somehow managed that situation.

But I guess the foreigner couldn’t tell her everything he wanted to say.

And it wasted so much time.

The number of foreigners visiting Japan is increasing.

English menu in some restaurants were adopted.

I really feel that staff should also adapt by learning how to speak even basic English…

GLOBALIZATION-

this is not so far in the future.

It will come sooner than we think.

I may go to Cebu for leaning English again.haha